- liquidcity.org

2019-09-09

ヘレンド・インドの華FV 24.4cmエンパイヤベース6431サイズ:高さ24.4cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

エンパイヤ様式
ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生 新古典主義 このベースは まさに 古代ギリシヤの陶工 エクセキアスによる 萼(calyx)型クラテールが原型 
紀元前550年から紀元前525年のアテナイで活動した 黒絵式時代の陶工で絵付師のエクセキアスが 萼型クラテールの形状を考案した。

エウフロニオス(紀元前535年頃 - 紀元前470年以降)は古代ギリシアの陶工兼絵付師で、紀元前6世紀末から紀元前5世紀初めのアテナイで活動した。「開拓者たち」または「先駆者たち」と呼ばれるグループ の1人で、赤絵式陶器の最も重要な作家の1人とされている。
その作品はアーカイック期後期から古典期前期の過渡期にあるとされている。
萼型クラテールの形状は、黒絵式時代の陶工で絵付師のエクセキアスが考案したものだが、エウフロニオスは赤絵式に適した新たな工夫を形状にも凝らしている。
取っ手、脚部、胴体下部の丸い部分を黒く塗るため、赤絵式の図像を描ける範囲は厳密に決まってしまう。
エウフロニオスは通常通り、絵の周りに渦巻模様の枠を描いている。絵そのものはエウフロニオスの典型的な描法であり、力強くダイナミックで緻密であり、解剖学的に正確でありながら、哀感を漂わせている。

古代ギリシアの陶器絵付師の発見
彫刻家などの他の古代ギリシアの芸術家に比べると、古代ギリシアの文献には陶器の絵付師についての言及が非常に少ない。芸術についての文献は古くから豊富にあるが、陶芸にはほとんど言及していない。
したがって、エウフロニオスの生涯やその芸術的発展は、他の絵付師と同様、その作品群だけから推定するしかない。
古代ギリシアの陶器についての科学的研究は18世紀末ごろから始まった。当初は図像学的関心が中心だった。
1838年、エウフロニオスの署名が発見され、個々の陶器について絵付師を特定できることが明らかとなった。
そこで絵付師の署名についての研究が盛んとなり、19世紀末にはそれぞれの作風を要約できるまでになった。
考古学者 John D. Beazley はその要約を自身の研究の出発点とした。
彼は数千のアッティカの黒絵式陶器および赤絵式陶器や破片について、美術史家ジョヴァンニ・モレッリの絵画研究手法を応用して体系化し分類した。
アッティカの絵付師についての3巻の著作で、Beazley は今日までほぼそのまま通用する分類を達成している。彼は既知の絵付師を名前の不明なものも含めて全てを列挙した。現在も名前が不明の絵付師は多い。

格調高い柿右衛門写し
オランダの東インド貿易会社によってもたらされた白磁に絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの華に違いないとして この柿右衛門描くところの日本の花をインドの華と名づけました。
マイセンのインドの花ではほんの1部しか判りませんが ヘレンドは 竹垣まで柿右衛門のとおりに写しておりますので 本家が判りました。
実際は 1839年ヘレンド創窯の頃には マイセンでも柿右衛門と判っており シノワズリの分類から シャボネズリに変えており 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。

フン族は北アジアの遊牧騎馬民族。
中央アジアのステップ地帯が出拠と考えられるが、民族自体の出自についてはかなり以前より「フン」=「匈奴」説などがあるものの、いまだ定説となっていない。言語学的にはテュルク語族に属すると考えられている。
4世紀中頃から西に移動を始め、これが当時の東ゴート族、西ゴート族を圧迫して、ゲルマン民族大移動を誘発、さらには西ローマ帝国崩壊の遠因ともなった。
西暦433年に西ローマ帝国によりパンノニアの支配を認められ、フン族によってハンガリーを主要領土(一部現在のブルガリア・ルーマニアを含む)とする独立国家が初めて誕生した。















エンパイヤ様式
ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生 新古典主義 このベースは まさに 古代ギリシヤの陶工 エクセキアスによる 萼(calyx)型クラテールが原型 
紀元前550年から紀元前525年のアテナイで活動した 黒絵式時代の陶工で絵付師のエクセキアスが 萼型クラテールの形状を考案した。

格調高い柿右衛門写し
オランダの東インド貿易会社によって もたらされた白磁に絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの華に違いないとして この柿右衛門描くところの日本の花を インドの華と名づけました。
マイセンのインドの花ではほんの1部しか判りませんが ヘレンドは 竹垣まで柿右衛門のとおりに 写しておりますので 本家が判りました。
実際は 1839年ヘレンド創窯の頃には マイセンでも柿右衛門と判っており シノワズリの分類から シャボネズリに変えており 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。



価格
157,500円 (税込 170,100 円) 送料別
1〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便